aa 子供が出来たら保険見直しと学資保険の検討も

日本は悲しいことながら、子供を育てるのが非常に困難な国だといわれています。 諸外国と比較しても、教育費が極めて高額な国なのです。子ども一人あたりの養育費は大学まで行かせると一千万円を超えるともいわれており、 さらに全てが私立だった場合はその二倍もかかるとさえ言われています。恐ろしいことにこの数値には生活費などは入っていません。 これが少子高齢化の原因の一つともなっているのです。子どもが生まれた家庭ではとくに各種保険見直しが必要な場合が多いのですが、 中でも学資保険は慎重に選ぶべきでしょう。

 

学資保険は他の保険と比較してもその目的が明瞭であるため、非常にシンプルな保険であるといえます。その目的はズバリ子どものためです。 自分の息子、娘が将来進学するとき、お金がないから諦めさせるしかない、といったリスクを軽減できます。 誰だって可愛い自分の子供には思い描いた通りの進路を歩ませてあげたいものですよね?学資保険は子どものための積立貯金のように考えて利用するのが良いでしょう。 子どものためと思えば貯蓄意欲も湧いてきますし、漠然と貯蓄するより継続しやすいというメリットがあるのです。 ただし、通常の貯金と異なるのは途中で解約すると損をしてしまうというデメリットもあることです。これらを理解し、自分が無理なく継続できる保険会社を選ぶことが重要です。 あなたがもし、これから子供を作る予定があるのであれば、学資保険は無視することの出来ない重要な保険なのです。

 

※ 生命保険の見直しをしたい方はこちらのサイトをご参考に・・・生命保険 見直し


ページTOPへ